全日空で国内、海外へと空の旅をしよう

個人で旅行するときに航空券や航空会社選びで迷ったことはありませんか?いろいろな航空会社を利用するのも楽しいですが、なるべく同じ航空会社を利用するとマイルも貯まりやすいですし、考えるのも簡単です。
全日空は国内線、国際線共に日本で一番の路線網を持っているので便利です。

全日空について

全日空とは正式には全日本空輸株式会社です。現在、国際線、国内線ともに国内最大規模を誇ります。略称はANA(エー・エヌ・エー)だが、通称の全日空で呼ばれることも多い。
国内線では最大の路線網を持ち、羽田空港における発着枠のシェアの約6割を占めています。国際線はアジア諸国とヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国などに就航していて、国内最大の規模です。航空会社連合の「スターアライアンス」のメンバーです。

全日空の国内線に乗ろう

全日空は、国内では最大の路線網を持ち、141路線に就航しています。
飛行機は正規運賃で考えると、電車やバスに比べて高いイメージがありますが割引運賃を使うとむしろ安くなる場合もあります。全日空には『旅割』と呼ばれる、お得な運賃があります。旅割には予約する日にちによってさまざまな種類があり、例えば『旅割X』は、発売期間が限定されている種類の運賃ですが、特定の路線が普通運賃から80パーセント近くも安くなることもあります。また『旅割75』は、搭乗希望日の75日前までであれば予約ができる運賃で、『特割X』同様に普通運賃から最大で80パーセントお得になることが魅力です。ほかにも搭乗日の45日前までに予約ができる『旅割45』や、28日前まで予約が可能な『旅割28』、21日前まで予約が可能な『旅割21』もあります。旅行などの計画を早めに行うことが、航空券をお得に利用するためのコツといえるでしょう。もし、急に飛行機を利用することが決まった場合でも、ANAには『特割』という運賃もあります。特割も普通運賃に比べてお得な値段で利用できることが魅力です。

全日空の国際線に乗ろう

全日空は、日本から世界21カ国、42都市へ就航しています。
海外旅行の場合、移動手段は船を除けば飛行機となります。国際線の運賃は国内線の運賃よりも航空会社や予約の仕方によって値段の差がでます。全日空は、国際線では、行き先・シーズンごとに期間限定の特別割引チケットが販売されているため、長期休暇中のフライトを低予算で楽しむことができます。また、国際線が少ない地方都市からでも、全日空の国内線と乗り継いで世界各国へ行くことができ便利です。

まとめ

まずは、毎日のお買物や公共料金払いでもマイルが貯まり、 国内外の加盟店はもちろん、ネットショッピングでのお買物にも便利に使える全日空のANAカードを作って、空の旅を考えてみましょう。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。