ほかではお目にかかれない珍しいコンビニ

出店規模は小さく、駅前や大通り沿いなど人の集まるところに集中します。

どの店舗も日常的に目につきやすい位置なので最も身近なお店とも言えます。

小型である故に置ける商品が少ないため売れない商品は次々と売り場から姿を消えたりします。

醤油やみりん、塩、こしょうなど調味料を買い忘れてしまった、そんな時近くにコンビニがあると便利です。

夜中にちょっとお腹が空いたときも、コンビニはありがたい存在です。

普段何気なく利用しているコンビニですが、国内にはちょっと変わった珍しい店舗もいくつかあります。

コンビニ交付とは

コンビニ交付は、マイナンバーカード(又は住民基本台帳カード)を利用して市区町村が発行する証明書(住民票の写

し、印鑑登録証明書等)が全国のコンビニエンスストア等のキオスク端末(マルチコピー機)から取得できるサービスで

す。また、お住まいの市区町村と本籍地の市区町村が異なる方は、事前に申請することで戸籍証明書も取得できます。

※市区町村により取得できる証明書は異なります。

便利・簡単

いつでも

毎日6:30から23:00まで、ご利用いただけます。

お昼休みや市区町村窓口の閉庁後(夜間、休日)でも、いつでも必要なときにご利用いただけます。

※年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除きます。

どこでも

お住まいの市区町村に関わらず、全国どこでも最寄りのコンビニエンスストア等店舗内に設置されているキオスク端末

(マルチコピー機)より証明書が取得出来ます。

かんたんに

全国のコンビニエンスストア等店舗でも証明書が取得出来ます。

証明書が急に必要になった時も、出先の店舗に設置されているキオスク端末から、簡単操作ですぐに取得出来ます。

街並みに合わせたレトロなデザイン

街並みに合わせて蔵のつくりになっているコンビニは、レトロでシャレています。

まわりのお店から浮くこともなくとても自然です。

喉が渇いたらコンビニで水分補給

卓球場が併設されているコンビニも珍しいです。

海外でもなかなかありません。

卓球に夢中になって喉が渇いたら、コンビニでドリンクを買って水分補給できます。

24時間営業ではないコンビニ

チェーン店のコンビニは24時間営業が基本ですが、閉店時間のある店舗もあります。

都内ではあまり見かけませんが、地方ではあるそうです。

 

食堂が併設されたコンビニ

食堂が併設されているコンビニもほかではなかなか見られません。

ドライブ中に食堂でランチを済ませた後、コンビニでドリンクやお菓子を買い込むというパターンでしょうか。

景観に合わせた落ち着いたカラー

赤と緑とオレンジが基本のコンビニのカラーが、落ち着いた茶色一色でまとめられているのも珍しいです。

こちらも街の景観を重視しています。

まとめ

あるとついつい立ち寄ってしまうコンビニですが、実はいつも利用していた店舗がほかとは違っていた、なんてこともあります。

旅行がマンネリ化してたまには違った旅行がしたいなと思ったら、コンビニめぐりの旅というのも良いのではないでしょうか。

その土地でしか販売されていない限定品に出会えることもあるので要チェックです。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。