シンガポールの魅力について

皆さん、シンガポールについとはどのくらいご存知ですか?最近、米朝首脳会議が、行われたことで、有名ですよね。

シンガポールはどのような国なのでしょうか。

シンガポールはマレーシアの南に位置する島の都市国家で、世界的な金融センターになっています。

そして気候は熱帯気候に属し、国内には多様な文化が存在しているんですよ。

シンガポールの魅力についてお伝えしていきたいと思います。

シンガポールの文化

シンガポールは、多民族文化の国です。

中華系が70%以上を占めていますが、そのほかマレー系、インド系、アラブ系が主な民族です。

祝日や催し物なども各民族の特徴を反映したものがあります。

シンガポールの社会は、中華系、マレー系、インド系などバラエティ豊かな人々から構成されています。

中央部にはチャイナタウンがあり、その名もズバリ「China Town」という駅名もあるほど。

中華系の人が多く住み、中国の文化が色濃く感じられるエリアです。

都市部の北部には、「Little India」と呼ばれる地域があり、この地に降り立つと、エキゾチックな気分が味わえます。

おいしいカレー屋さんがたくさんある魅力的なエリアもあります。

また、シンガポールが一時期「マレーシア連邦」の一部であったことから、マレーシアに根付いた中華系移民の末裔(まつえい)「プラナカン」によるプラナカン文化の建築物をさまざまなエリアで目にすることができたり、イギリスの植民地時代に権力者の邸宅や軍用地跡であった界隈(かいわい)が、今は再開発されておしゃれなレストランやバーになっていたりして、地域ごとに特色のある街並みを楽しむことができます。

食事に関する文化

シンガポールでは、あまり自炊をする文化がなく食事の大半を外食で済ませます。

もともと「自炊」という時間の掛かる行為は、非効率的と考えられていた時代があり、家庭で家事に専念する環境もあまり整っていませんでした。

そのため、外食文化が急速に発展を遂げ、現在では、どこのショッピングセンターや商業施設にもフードコートがあり、レストランよりだいぶ安く食事を楽しむことができます。

沢山の宗教が混在しているシンガポールゆえに、ベジタリアン専用のレストランやお店も多く、フードコートやホーカーズでもベジタリアン専用のメニューが豊富に用意されてあります。

日本でベジタリアン専用のお店やメニューを探すとなると手間や時間が掛かりますが、シンガポールでは至るところにあるため、あっさりとした食事をお好みの方は是非試してみて下さい!。

観光スポット

シンガポールと言えばまず思いつくのがこの景色ではないでしょうか?
今や定番中の定番となった観光スポット「マリーナ・ベイ・サンズ」。

夜景がおすすめなのはもちろんのこと、昼間はショッピングやグルメ、ミュージアムなどで楽しんだり、ホテルのエステや24時間オープンのカジノまで、とにかく盛りだくさんの商業施設です。

屋上のスカイデッキからの眺望は最高ですが、おすすめは屋上のレストラン「ク・デ・タ」で夜景を楽しみながらの一杯!

宿泊しなくても、有名な屋上の「インフィニティ・プール」に行けちゃいますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?シンガポールは面積が狭いながらも、多彩な文化があり、楽しい国ですよ。

是非、一度足を運んでみてはいかがでしょう。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。