動物が占うロシアW杯、日本はどういう結果?

2010年W杯のタコのパウル君以来、W杯における試合の勝敗を動物が予想する催しが盛んです。
パウル君のインパクトがありすぎて、未だにその的中率に並ぶ存在が出てきていませんが、見ていて面白いものです。
今年のロシアW杯でも、世界の各地の動物たちが予想を立てていますが、結構バラバラです。
予想のほとんどにおいて、日本の存在は全く気にされていませんが、そのうちのいくつか関係しているものをご紹介いたします。

ロシアの神託ヤギ“ザビヤカ”

今朝の報道番組では、ロシアの神託ヤギである“ザビヤカ”がベスト4進出を占い、優勝国を予言していました。
TV画面手前に日本の旗も立ててあったことが見られましたが、残念ながら倒れていました。
日本はベスト4進出国ではなかったようです。
“ザビヤカ”が選んだ優勝国は、ベルギーでした!
ベスト4を決める時に旗が多立っていたという事は、ベスト8かしら…。

ロシアの予言猫アキレス

同じくロシアの予言猫“アキレス”の話題です。
耳の聞こえないアキレスは勘が強く、昨年のコンフェデレーションズカップの4戦の勝敗のうち3戦を当てており、今回のロシアの初戦の勝利も当てたという事です。
まだロシアの試合しか占わせてないため、試合が進行していくともっと面白くなりそうです。
超常現象について真剣に取り組んでいる国だけあって、動物の選択がお遊びでなさそうな気がします。

日本の“神のクチバシ”ヨウム(インコ)のオリビア

日本にも“神のクチバシ”との異名をとる、ヨウム(インコ)のオリビアが那須どうぶつ王国にいます。
今回初めて知りましたが、2015年なでしこジャパンの試合7戦中6試合を的中させ、2016年オリンピック男子サッカーでは7試合中5試合を的中させたそうです。
6月18日・22日・26日にバードショー終了後に占う予定です。
https://kyodonewsprwire.jp/release/201806074757

人工知能「サッカーボット」 による予想

動物ではありませんが、人工知能「サッカーボット」 よる予想では、優勝はドイツです。
日本優勝の確率は、0.3%
AIが当てるか、動物のご神託が当てるのか結構楽しみな話題です。

コロンビアのライオンのつがい

南米コロンビアでは、日本との対戦の勝敗を動物園のライオンのつがいに占わせています。
もちろん結果はコロンビアの勝利。
占わせる動物にライオンを使うところが、既にもう気迫で勝ってるような感じです。

まとめ

以上、動物が占うロシアW杯のご紹介でした。
まだサッカーワールドカップは始まったばかりのため、そろそろ各国のご神託動物が中継で放送されるはずで楽しみです。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。