イチローよりも上がいた!?プロ野球歴代打率ランキング

プロ野球において、打率、本塁打数、打点は打者を評価する指標として有名です。
打率の高い選手ではイチローが有名ですが、NPBではイチローよりも打率の高い選手がいました。
この記事では、日本プロ野球の歴代打率ランキングについてご紹介いたします。

歴代打率1位:バース(阪神).389

NPB歴代打率1位の選手は、は阪神タイガースに在籍していたランディ・バース選手の1986年の記録で、
打率は3割8分9厘です。
バース選手は阪神の歴代助っ人の中で最も有名な選手といっても過言ではない選手で、1985年の阪神タイガース日本一に貢献しました。
バース選手といえばホームランの多さが有名で、本塁打の数では当時の最高記録であった王貞治選手の55本塁打に次ぐ、54本塁打を打った年もあります。

歴代打率2位3位:イチロー(オリックス).387 .385

歴代打率2位と3位は共にオリックス・ブルーウェーブ在籍時代のイチローで、2位は2000年の3割8分7厘、3位は1994年の3割8分5厘です。
イチローはヒットの多さ、打率の高さで有名で、2018年現在でも野球の世界で活躍しています。
2000年のシーズンでは、脇腹を痛め途中交代をするまで打率は4割近くを維持していました。

歴代打率4位:張本勲(東映).3834

東映フライヤーズ(現在の北海道日本ハムファイターズ)や読売ジャイアンツ、ロッテオリオンズでプレーした張本勲選手の1970年の記録が歴代打率4位で、
打率は3割8分3厘4毛です。
張本選手は「安打製造機」として有名で、通算安打数は3000本を超えています。
現在もさまざまなテレビ番組などに出演し精力的に活動しています。

歴代打率5位:大下弘(東急).3831

東急フライヤーズ(現在の北海道日本ハムファイターズ)や西鉄ライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)でプレーした、大下弘選手の1951年の記録が
歴代打率5位で、打率は38割8分3厘1毛です。
大下選手は「青バットの大下」として有名で、同時期の藤村富美男(大阪、阪神タイガース)や川上哲治(読売ジャイアンツ)と共に、終戦直後の
プロ野球を代表する選手でした。

歴代打率6位:クロマティ(巨人).3781

読売ジャイアンツの助っ人の中でも有名な選手の1人であるクロマティ選手の1989年の記録が歴代打率6位で、打率は3割7分8厘1毛です。
クロマティ選手はシーズン途中規定打席に到達した時点で打率4割を維持していた時もあり、史上初めてとなる打率4割を達成したかもしれなかった選手でした。

まとめ

この記事では、歴代打率の高い選手について紹介していきました。
打率だけでなく、本塁打数や打点などさまざまなデータを見てみるのも面白いと思います。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。