姫路へ行こう

兵庫県姫路市といえば世界文化遺産の「姫路城」で有名ですが、その他にも見所はあります。姫路には『ラストサムライ』『軍師官兵衛』のロケ地「書寫山圓教寺」などの歴史スポットも点在しています。海外の世界遺産を一度に見れちゃう面白パラダイスもあります。

まずは世界遺産の姫路城

姫路城は、天を舞う白鷺のように見えることから別名白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)ともいわれ、 建築技術の粋を極めた傑作として、1993年12月法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産に指定されました。 2015年に改修工事を終え、まさに真っ白な白鷺が舞い降りたようなお城となりました。5層6階の天守閣と3つの小天守を備えており見応えもあります。
また、生まれ変わった「姫路城」には、CG画像と実際の風景を組み合わせ、誰もいない所に兵士が現れるといった不思議な体験ができるARマーカースポットが城内外に15箇所設置され、こちらも必見です。

姫路城の近くの好古園へ

姫路城とセットで周りたいのが、隣接する「好古園」。お城の階段で疲れた足腰を身も心も癒してくれる日本庭園で、映画『るろうに剣心』や『水戸黄門』『大岡越前』『暴れん坊将軍』など、多くの映画やテレビのロケにも使われています。「好古園」は、四季折々に様々な表情を見せてくれます。早春には深紅や白など色とりどりの梅の花が姫路城を借景として咲き始め、4月になると落ち着いた風情の中で桜を観賞できます。

ロープウェイで書写山圓教寺へ

書写山は、姫路駅から車で約20分の場所に位置しており、山頂に向かうロープウェイの道のりでは、緑豊かな山の景色の先に、市街地や瀬戸内海の眺望を楽しむことができます。
書写山圓教寺(えんきょうじ)は、山頂から10分ほど歩いた先にあります。京都から遠い土地柄でありながら、皇族や貴族の信仰もあつく、後白河天皇、後醍醐天皇はじめ、訪れる天皇・法皇も多かったそうです。ハリウッド映画『ラストサムライ』のロケ地としても有名です。それ以外にも『軍師官兵衛』以外にもNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』など、数多くのロケに使われてきました。

世界中の世界遺産が集まる公園へ

その名も「太陽公園」。公園名だけではどんなところか謎ですが、行ってみるとビックリの光景が広がっています。
ドイツのお城に万里の長城、凱旋門、ピラミッド、モアイ像、自由の女神、マチュピチュ遺跡、兵馬俑、万里の長城などがビミョ〜な感じで次々出現!中でもノイシュヴァンシュタイン城を模して建てられたお城は、31.5mある姫路城の天守閣よりも高く、高さ45m、奥行き88.8mという壮大な規模。3年の歳月と数十億円にのぼる巨費が注ぎ込まれて建設されたとか。一日楽しめるパラダイスです。

まとめ

姫路城だけじゃない姫路観光、いかがでしたでしょうか。
軍師官兵衛の時代に思いを馳せながら歴史スポットを巡ったり、面白パラダイス太陽公園で、姫路城以外の世界遺産を観て世界一周したり。姫路城から少し足を伸ばすだけで、新しい発見にワクワクドキドキの楽しい姫路観光ができます。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。