長崎の観光ルートは

いざ、長崎へ観光しようと思った時に知っておくと役に立ちます。

長崎は空港がある大村を中心に北へ行くと佐世保、南へ行くと長崎市、西へ行くと雲仙、一見空港から何処へ行くにも行きやすそうな思えますよね?

でも、せっかく観光で長崎へ行ったのに攻めて一本に通ったルートなら余すことなく巡りたい!

車なしで二泊三日で巡るオススメの観光地とルートをご紹介します。

長崎市街地は初日はダメ

長崎市街地は中華街あり、歴史的なグラバー園、ちゃんぽん、長崎へ来たならいきたい場所ですよね。

大村空港へ降り立ち初日に長崎市街地へ向かわれたなら佐世保か雲仙は諦めるしかありません。なぜなら、一筆書きのルートでの観光が望めなくなり移動でタイムロスしてしまうからです。

最初に訪れるのは、雲仙島原

空港に降り立ち、まずは雲仙島原方面へ。

大村駅から諫早駅へ、そこから島原鉄道に乗り換えます。本数が多い電車ではないので注意が必要です。

途中の大正駅は海に近い駅としてテレビ撮影されたりと絶景の場所です。

島原は鯉の泳ぐ城下町として古い街並みが残り町歩きにはもってこいです。

散策した後はバスで雲仙へ。

ここは温泉が湧き出る場所が地獄と呼ばれ、湯気が立ち上り壮観です。もちろん温泉もオススメ。

バスで長崎市街地へ

雲仙から長崎市街地へバスで向かいます。

ここで宿泊です。

翌日長崎市街地を楽しんだら佐世保へ向かいます。

長崎市街地から佐世保へ佐世保本線に乗りさえすれば到着します。

佐世保と言えば

有名なのはハウステンボスですよね。

佐世保は他にもグルメも充実しています。

言わずと知れた佐世保バーガー、知る人ぞ知るレモンステーキ。面白いスイーツもあるので探してみてください。

長崎空港へ

長崎空港へ直通のバスが出ています。

ちょっと距離があるので乗り遅れないようにしてくださいね。

来るときに乗った佐世保本線も大村で止まりますが、大村駅からバスへの乗り換えが必要なので注意が必要です。

まとめ

余裕があれば平戸や五島列島、壱岐もオススメです。

夏であれば海が綺麗で海水浴もいいですね。

駆け足で長崎を巡る旅になってしまいましたが、もちろん1つの場所をじっくり観光するのも楽しいですよ。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。