日本の女の子が大好きなバーバリー

第一次世界大戦中のイギリスで作られ、軍用コートであるトレントコートを発祥に持つ「バーバリー」のコート。
日本では、映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘップバーンが着用していたことや、近年ライセンスブランドの販売が国内でされていた経緯から、可愛らしいお嬢さん的なイメージが定着していたブランドです。
日本の女の子に人気のあるブランドです。

皆が好きなバーバリーチェック

バーバリーチェックと言われる、キャメルベージュ地に黒・白・赤のチェック柄は、かつてはコートの裏地のみに使用されていたデザインで、1924年に発表した当時に一大ブームが起きています。
1967年には、裏地だけではなく、傘をはじめとしたバッグ、マフラーといったファッションアイテムに使用されるようになっています。
バーバリーチェックは非常に完成度の高いチェックで、ほとんどの人が見て良いと思える柄です。

国内におけるバーバリーのライセンス商品は販売終了

日本でかつて多くの取り扱いがあったバーバリーのライセンス商品ですが、既にライセンス契約が終了しインポート品へ移行したため、現在ではお手頃価格のバーバリーが入手しずらくなってしまいました。
ライセンスブランドとはいえ、それほど見劣りするものがなかっただけに惜しまれます。
しかし高品質で納得のいく大人っぽい製品を手にすることができると言う、本物志向のファンもいます。

バーバリーを愛用した芸能人

バーバリーを愛用した日本の芸能人には、一世風靡したかつての安室奈美恵、吉川ひなの、男性では中田英寿、山下智久、大野智、成宮寛貴、木村拓哉、藤木直人です。
どこかフェミニンというかあたりの優しい人が多いようです。

歴史をさかのぼると、非常に美意識が高くて有名であった英国王エドワード7世、ハンフリー・ボガード(映画:カサブランカで着用)、コナン・ドイル、ウインストン・チャーチル、キャサリン・ヘプバーンと著名人が並びます。

バーバリーのお勧めアイテム

バーバリーといえば、ファッション的にも品質的にもコートがまず一番なのですが、傘やマフラー、革小物類も歴史が長く素晴らしい商品が揃っています。
元祖バーバリーともいえる、バーバリークラシックチェックが清楚で、女性に好まれます。
バーバリーのお勧め品は、コート以外でなら、傘や財布などの革小物製品です。
大きく生地を張る傘は、柄の良さが前面に出て見事な物です。
革とバーバリーチェックとのコンビの財布やパスケースなどは、インポート品でも比較的購入しやすい価格であり、女性に好まれるデザインです。

かつてのライセンスブランド品が欲しいとき

ハンカチやタオル、小物類など、かつてのライセンスブランド品が欲しくても現在は販売されていません。
インポート品ほど高価な物でなかっただけに残念に思う人もいるかもしれません。
ヤフオクなど、オークションサイトを見ていると、ごくたまに新品未使用品が出品されることがあります。
お使い物が多いライセンスブランドならではの化粧箱入り製品です。

まとめ

日本の女の子に人気のあるバーバリー、あの清楚な柄を好む人は、一時期を除いてはコンサバフェミニンなタイプが多かったです。
個人的には、絞った範囲でまたライセンス商品を復活していただきたく思う数少ないブランドのうちの一つです。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。