トヨタ・アクアの魅力

CMなどでも盛んに取り上げられているのが、トヨタが誇るハイブリッドコンパクトカーであるアクアです。
アクアはデザインや走行、燃費や価格などあらゆる方面において優秀な性能を備えたコンパクトハイブリッドカーであることが人気を継続させていると考えられます。その魅力に迫ってみましょう。

トヨタ・アクアの誕生

アクア(AQUA)は、トヨタ自動車が2011年12月より製造・販売を開始している量産の小型ハイブリッド乗用車です。
2010年1月、デトロイト・モーターショーにおいて、トヨタブランド最小のハイブリッド専用車を示唆する「FT-CH」が発表された。そして、2011年1月、デトロイト・モーターショーにおいて、FT-CH」の流れを汲む新型のコンセプトカーである「PRIUS C concept」を発表した。
2011年11月15日、市販予定車両がワールドプレミアになると同時に「アクア」という車名も正式にアナウンスされた。その後に開催された「第42回東京モーターショー」へと出展され一般公開された。2011年12月26日、日本国内で発売開始された。

トヨタ・アクアの特徴

アクアは全長を4m少々に抑えた、プリウスより一回り小さいハイブリッド専用車です。
アクアの大きな特徴は以下の3つです。
?ハイブリッド車では価格が安い。
?5ナンバークラスの扱いやすいサイズ。
?抜群の低燃費。
ハイブリッド車のなかでは価格が安く、扱いやすいコンパクトなボディに、圧倒的な燃費性能を誇る代表的なエコカーです。パワーユニットは直列4気筒1,500ccのエンジンとモーターを採用してます。2011年12月の販売以来、改良を重ねて、乗り心地・内装の質・ノイズの減少など改善されています。
また、この車種は価格、燃費の良さだけでなく、カラーバリエーションが非常に豊富なことでも知られています。

新グレード新型アクアクロスオーバーの違い

トヨタの人気車種であるアクアが2017年6月19日にマイナーチェンジを受けました。今回のマイナーチェンジでは、これまであった「X-URBAN(エックスアーバン)」を見直し、より進化させたSUVスタイルの新グレード「クロスオーバー(Crossover)」を設定しました。
新型アクアクロスオーバーは、デザインの違いはもちろん、ボディサイズの差によってもつくられています。新型アクアクロスオーバーは新型アクアに比べて全長+10mm、全幅+20mm、全高+45mm、最低地上高+30mmと、わずかな差で一見気づきにくいかもしれませんが、全体的なデザインの印象で見ると大きな変化をもたらしていることがわかります。

まとめ

マイナーチェンジを繰り返しながらも、何年にもわたって非常に高い人気を博しているアクアは、ハイブリッドカーを探している人にはうってつけの車種だと言えます。
これまでコンパクトカーを選択肢に入れてこなかったオーナーも、これを機に検討してみるといいかもしれません。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。