ドラえもんミュージアムってどんなところ?

いよいよ夏休み本番、どこかへ出かけたいけど・・とお悩みの方、藤子・F・不二雄ミュージアム、通称ドラえもんミュージアムはいかがでしょうか?

世界中で人気のドラえもんをはじめ、キテレツ大百科など、老若男女に人気の作品をテーマにしたミュージアムです。

スポンサーリンク

チケットについて

まず、最初にすることはチケットの予約です。
なんと、こちらのミュージアムは日時指定の完全予約制なのです。

また、現地ではチケット販売がされていないので、必ず事前にチケットを購入しておく必要があります。

日にちだけでなく、時間も指定してのチケット購入となります。

入館時間は10時、12時、14時、16時の1日4回です。
各回とも入れ替え制ではないので、一度入れば、そのあとは閉館までいられます。

入館チケットは、コンビニのローソンのみで販売されています。
インターネットか、電話、Loppiでの購入ができます。
(一回の購入可能な枚数は6枚まで)

今日、これから行きたいけどもうチケット買えないの?という場合は、ローソン店頭のLoppiでのみ、当日でもチケット購入が可能です。
(ネットと電話では前日までしか購入できません)
ただし、チケット残数がない場合は購入できませんので、行く予定がわかり次第、早めのチケット購入をお勧めします。

【チケット料金】
大人・大学生 1000円
高校・中学生 700円
4歳~小学生 500円
3歳以下は無料

スポンサーリンク

アクセス

ミュージアムには、駐車場がないので、車では行くことができません。

小田急線、およびJR南武線の登戸駅より直行バスが運行しています。
直行バスは約10分間隔で運行しており、乗車時間は約9分です。

【バスの乗車料金(市内均一)】
ICカード 大人206円、小児103円
現金 大人210円、小児110円

または小田急線向ヶ丘遊園駅より徒歩16分、JR南武線宿河原駅より徒歩15分です。

なお、駐輪場はあるので、近隣の方は自転車でも行けます。

住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

営業時間

開館時間:10:00~18:00 (7/18~9/3は19:00まで延長)

休館日は毎週火曜日と、年末年始です。

臨時休館日は、公式ホームページで事前にチェックしておくと安心です。

スポンサーリンク

施設の人気コーナーについて

施設やカフェについて、簡単にご紹介します。

展示室

藤子・F・不二雄の描いた、ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科のカラー原画が展示されています。
1階にはF先生愛用の仕事机が展示されています。
本棚には膨大な資料の数々が並べられており、先生がまんがを描いている姿が見えそうです。

まんがコーナー

ここではその名の通り、藤子・F・不二雄先生のまんがが読み放題です。
どら焼きを食べながら漫画をよんでいるドラえもんのオブジェががとっても可愛い!

写真スポット多数あり!

屋上のはらっぱには、あの「どこでもドア」(本当にくぐれます!)や、のび太がよく行く公園のあの土管、そして「ドラえもん のび太の恐竜」ででてくる「ピー助」のオブジェがあります!

他に、オバケのQ太郎でおなじみの、Qちゃんたちと記念撮影ができるスポットもあります。

写真まちの列ができることもありますが、これはぜひ記念に撮っておきたいですね。

ミュージアムカフェ

ドラえもんなどのキャラクターにちなんだメニューが楽しめる、大人気のカフェです。
土日はかなりの混雑で、2時間まつこともあるとか。

順番待ちの整理券がもらえるので、まず最初にカフェの整理券をもらってから、その待ち時間に展示室などをまわると効率よくまわれますね。

この整理券、時間指定ではなく、順番待ちなので、朝一番にいって早い番号がとれたらすぐにカフェに入ることになりますので、注意が必要です。

カフェメニューはミュージアム限定で、見た目も可愛く、食べるのがもったいないほど。

カフェラテや、ココアなどのラテアートメニューは、アイスでもホットでもラテアートしてくれます。
絵柄は指定できないので、どのキャラクターになるかわくわくですね。

スポンサーリンク

ギフトコーナー「藤子屋」

ギフトコーナーでは、ここでしか買えない限定品として、「あんきパンラスク」や、「どらちゃんのどら焼き」などが購入できます。

「あんきパンラスク」をお土産にしたら、かなり喜ばれること間違いなしでしょう!

ミュージアムショップ

ショップではドラえもんをはじめとした、ここでしか買えない限定品グッツが盛りだくさん!
色々迷ってしまいますね。

まとめ

夏休みなどは、どこへ行っても大混雑ですが、こちらのミュージアムは時間指定がされているせいか、そこまでの大混雑にはならないようです。
大人から子供まで楽しめて、藤子不二雄ワールドを満喫できるこの藤子・F・不二雄ミュージアムは家族連れだけでなく、カップルにもお勧めですよ。

スポンサーリンク



コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。