パナソニック製品愛用者必見!取扱説明書やカタログを確認するならWebが便利

日本国内の電機メーカーとしてよく名前を挙げられるのがパナソニック。

国内電機業界で3位を誇る、超大手企業です。

取り扱い製品はAV家電や生活家電、美容機器、住宅設備など多岐にわたります。

スポンサーリンク

ただ、どの家電にもいえることなのですが、困るのが取扱説明書やカタログの保管。

「エラーコードが出てきてしまった!どうしよう!」「家電を新調したいから、カタログでも見てみようかしら」

そこまで考えて、ふと手が止まります。

どこにしまったか思い出せない…。

というか、うっかり捨ててしまったような気がする…。

諦めるのはまだはやいです!

パナソニック製品は、取扱説明書やカタログをWeb上で確認することができます。

今回はその方法をリンクページと合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

 

取扱説明書をWebで確認する方法

パナソニックの公式サポートページでは、品番から取扱説明書を検索することが可能です。

ページ上部にある検索窓に、調べたい製品の品番を入力するだけでOK。

品番は製品本体に記載されています。

品番の一部でも検索できるので、文字がかすれて読めない…というときも大丈夫。

どこに品番が書いてあるのかわからない!

そんなときもご安心を。

検索窓のすぐ下に製品別の項目がありますので、そこから探すことができますよ。

少し手間はかかってしまいますが、特徴から絞り込んでいくことができるので、簡単に見つけられるのではないでしょうか。

検索ページはこちらから(https://panasonic.jp/p-db/manual/index.html)

スポンサーリンク

 

取扱説明書を取り寄せることは可能?

冊子として手元に置いておきたい…。

そんな悩みを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、取扱説明書の注意書きに「本書は再発行いたしません」とあるので、パナソニックから直接取り寄せることは難しいのが現状です。

パナソニックの回答によると、「製品を購入した販売店か、パナソニック製品取扱店に問い合わせてください」とのこと。

内容は冊子とWeb取扱説明書に差はありませんが、どうしても欲しい!という方は、上記の方法を試してみるのもひとつの手ですね。

スポンサーリンク

 

カタログをWebで確認する方法

パナソニックでは続々と新製品が登場するので、冊子版のカタログだとなかなかかさばりますよね。

また、サプライズでプレゼントしたかったけど、カタログを見られてばれてしまった…なんて悲しい話も聞いたことがあります。

Web上に公開されているカタログは最新版がすぐ公開されますし、場所も取らないのでおすすめです。

見たい製品の大分類を選択すると、各種カタログがサムネイルで表示されます。

ページ上部の操作メニューで、ページの移動や拡大・縮小、印刷することができます。

Webカタログを見るにはこちらから(https://panasonic.jp/catalog.html)

スポンサーリンク

 

カタログを取り寄せることは可能?

結論からいうと、ほとんどのカタログは無料で公式サイトから取り寄せることができます。

カタログの下にオレンジ色の枠に囲まれた「カタログ請求リストに追加」という項目があるものが対象です。

この「カタログ請求リストに追加」をクリックすると、画面右上にある「カタログ請求リスト」の件数が増えます。

取り寄せたいカタログをすべて選択したら、右側の「請求する」をクリックします。

あとは画面遷移に沿って入力していけば申し込み完了です。

およそ3日程度で指定した住所に郵送されます。

注意点としては、カタログは各種1冊までということ。

同じものを何冊も、というわけにはいかないのですね。

また、発送は国内のみということも覚えておきましょう。

カタログ請求ページはこちらから(https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html)

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

必要なときになって初めてなくしたことに気づく取扱説明書やカタログ。

手元のパソコンやスマートフォンで確認できたら便利ですよね。

パナソニック愛用者は、公式サイトをお気に入りに登録しておいてもいいかもしれませんね。

取扱説明書やカタログが必要になった際には、ぜひWebでチェックしてみてください。

スポンサーリンク



コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。