日産自動車のホームページで分かることは?リコールから充電時間まで

日産自動車のホームページから、リコール情報が分かる

日産自動車のホームページにおいて、キャンペーン画面のすぐ下に、リコール情報が反映されています。
以下のアドレスから、関連情報が確認できます。

http://www.nissan.co.jp/RECALL/search.html

車台番号を入力するだけで、自車が「リコール・改善対策・サービスキャンペーン」の対象車両に該当するか検索できます。

車台番号について知らない人も多いと思いますが、車検証を確認すればすぐ分かる情報です。
車検証左上に書かれた「車台番号」欄の記載事項を半角英数字で入力したら、あとは「検索」をクリックするだけで完了です。

ちなみに、2017年以降のリコール情報は、以下の通りとなっています。
自車が該当するかどうかの参考にお使いください。

2018/06/07 バネットのリコール
(2012年生産車の一部)

2018/06/07 ラフェスタのリコール
(2004から2012年生産車の一部)

2018/06/07 モコのリコール
(2014から2015年生産車の一部)

2018/03/29 エクストレイル、ティアナなど11車種のリコール
(2000から2009年生産車の一部)

2018/03/29 NV350キャラバンのリコール
(2012から2015年生産車の一部)

2018/02/01 ジュークのリコール
(2015から2017年生産車の一部)

2018/01/18 ルークスのリコール
(2009から2010年生産車の一部)

2017/12/14 セレナ、キューブ、NV200バネットのリコール
(2010から2014年生産車の一部)

2017/11/30 アトラスのリコール
(交換修理用部品)

2017/11/30 アトラスのリコール
(2010から2012年生産車の一部)

2017/11/24 ピノ、モコのリコール
(2007年生産車の一部)

2017/10/25 完成検査不備に関するリコール
(2017年生産車の一部)2018年1月12日:届出情報の更新

2017/10/06 完成検査不備に関する既登録車のリコール

2018年1月12日:届出情報の更新

2017/09/28 ルークスのリコール
(2009から2013年生産車の一部)

2017/09/07 エクストレイルのリコール
(2008から2015年生産車の一部)

2017/08/31 アトラスのリコール
(2007から2017年生産車の一部)

2017/07/27 ブルーバードシルフィのリコール
(2001年生産車の一部)

2017/07/27 バネットのリコール
(2015年生産車の一部)

2017/07/24 エルグランドのリコール
(2014から2017年生産車の一部)

2017/06/15 デイズのリコール
(2017年生産車の一部)

2017/04/06 デイズ、デイズルークスのリコール
(2015から2016年生産車の一部)

2017/03/16 ムラーノのリコール
(2013から2014年生産車の一部)

2017/02/23 ピノ、モコのリコール
(2008年から2009年生産車の一部)

2017/02/02 キューブ、エクストレイルなど6車種のリコール
(2000から2001年生産車の一部)

2017/01/27 セレナのリコール
(2016年生産車の一部)

2017/01/27 デイズ、デイズルークスのリコール
(2013から2016年生産車の一部)

2017/01/27 デイズ、デイズルークスの改善対策
(2013から2015年生産車の一部)

日産自動車のホームページから、カーラインアップが分かる

日産自動車のホームページから、現在日産自動車から販売されている車のカーラインアップが分かります。
トヨタに次ぐ車種の幅広さは、ユーザーの購入意欲を刺激します。
カテゴリごとに分かれているので、個人のニーズに沿った車選びが可能です。

以下に、主要な車の種類についてご紹介していきます。

電気自動車(100%電気自動車)

・リーフ
3,150,360円~

・e-NV200
3,954,960円~

電気自動車(e-POWER)

・ノート e-POWER
1,901,880円~

・ノート e-POWER メダリスト
2,353,320円~

・セレナ e-POWER
2,968,920円~

コンパクトカー

・ジューク
1,975,320円~

・ノート
1,421,280円~

・ノート メダリスト
1,734,480円~

・キューブ
1,620,000円~

・マーチ
1,151,280円~

軽自動車

・デイズ ルークス
1,317,600円~

・デイズ
1,157,760円~

・NV100クリッパー リオ
1,605,960円~

ミニバン

・エルグランド
3,213,000円~

・セレナ
2,435,400円~

・NV350キャラバン
2,137,320円~

・NV200バネット
1,734,480円~

・e-NV200
3,954,960円~

スポーツ&スペシャリティ

・GT-R
10,230,840円~

・フェアレディZ
3,907,440円~

SUV

・エクストレイル
2,197,800円~

・ジューク
1,975,320円~

セダン

・フーガ
4,800,600円~

・スカイライン
4,164,480円~

・シーマ
7,946,640円~

・ティアナ
2,563,920円~

・シルフィ
1,992,600円~

バン

・NV350キャラバン
2,137,320円~

・NV200バネット
1,734,480円~

・e-NV200
3,954,960円~

日産自動車のホームページから、電気自動車の情報が分かる

日産自動車は、電気自動車の開発においては、国内で頭一つ抜きん出ている印象を与えます。
特に、100%電気自動車を実用化したことは、多くのユーザーを驚かせました。
街乗り中心の使い方であれば、ガソリンを入れることなく、自宅の電源などで充電できることから、遠出はしないが車が欲しい方向けのニーズを満たすことに成功しています。

もちろん、100%電気自動車だけでなく、ガソリンとの併用が可能な車種も存在します。
各車種において、詳細なWEBカタログを確認することも可能です。

http://www.nissan.co.jp/CARLINEUP/

上記のアドレスから、左側に表示されている車種分類ページをチェックすると、車の形をした「カテゴリー」という欄があるのが分かります。

ここから、電気自動車の欄にチェックをつけていくと、電気自動車の情報だけを探すことができます。
ちなみに「e-POWER」というカテゴリーが、電気とガソリンのハイブリッド車になります。

日産自動車のホームページは、レイアウトが見やすい

日産自動車のホームページは、比較的シンプルなページ構成となっているため、ユーザーから見てレイアウトが見やすく感じられます。
トピックス・リコール情報の次に、カーラインアップや購入検討サポートの欄が位置しているため、販売店の検索や見積もりのシミュレーション画面にすぐに移動できます。

さらにその下には、最近のインフォメーションがチェックできるページがあり、ページ上では9件ほどチェックできます。
特にピックアップしたキャンペーン情報などが載っている「ピックアップ」という欄もあります。

豪華賞品が当たるかもしれない「プレゼント情報」の中には、抽選で1名の方に先進技術搭載車がプレゼントされるキャンペーンなどもありますから、こまめにチェックしておくと、思いのほかお得な情報が手に入るかもしれません。

 

電気自動車については、国内では日産自動車の存在感が大きい

日産自動車で車を購入する場合は、特に電気自動車に熱い視線を注ぐ方も多いかもしれません。
100%電気自動車のリーフは、日本のみならず世界での販売実績も増えてきています。
今後も日本の電気自動車を語るうえでは、リーフは切っても切れない存在になることでしょう。

また、日産リーフは補助金・エコカー減税対象車のため、以下のような様々な優遇策が受けられます。

補助金

日産リーフは、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金の対象です。
その他に、お住まいの地域で自動車を購入される場合に、自治体からも補助金がもらえる場合があります。

減税

エコカー減税や自動車税の減税といった恩恵も受けられます。
特に自動車重量税については、初回車検時も100%OFFとなっているため、非常にお得です。

 

電気自動車の購入を検討している方は、日産自動車のホームページをくまなくチェックしてみると、思いのほか有益な情報が見つかるかもしれませんよ。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。