サントリーってどんな会社?

日本人でサントリーの名を知らない人はいないでしょう。

言わずと知れたウイスキーやビールなどの酒類、また缶コーヒーや清涼飲料水など飲み物全般のメーカーです。

今や健康サプリなどにも進出している国内屈指の大会社ですが、その社名と扱い商品以外について、この超有名会社がどんな会社なのか知っていますか?
それではサントリーを少しだけ解剖してみましょう。

創業史

創業者・鳥井信治郎が明治32年起こした鳥井商店が出発点です。

明治40年に日本人の口に合うワインとして開発製造した赤玉ポートワインがヒットし、この成功を基礎に大正12年山崎蒸留所で国産ウイスキー製造を開始しました。

しかし昭和4年発売の日本初本格ウイスキーは販売不振で、国産ウイスキーの製造販売が成功するのは、昭和12年のサントリーウイスキー12年の登場を待たなければなりません。

このウイスキーは現在のサントリー角瓶の前身に当たり、これによりサントリーのウイスキー事業が軌道に乗り、現在に続きます。

社名由来

鳥井信治郎が初めて設立したのは鳥井商店です。

その後、大正10年に寿屋洋酒店に改名して製造販売した葡萄酒・赤玉ポートワインが好評で、洋酒メーカーとしての基盤が完成します。

サントリーの名前が登場するのは、昭和4年発売の国産ウイスキーのブランド名としてです。

会社の基礎となった赤玉ポートワインの赤玉を太陽(sun)に見立てて感謝を込め、鳥井の「トリ」と繋げてサントリーと命名しました。

昭和38年、一度は競争に負けて撤退していたビール業界に再進出する際に、社名も世に浸透したブランド名と同じサントリーとなりました。

歴代社長

初代社長は創業者・鳥井信治郎です。

2代目社長の佐治敬三は、信治郎の次男ですが、苗字が違うのは、敬三が養子縁組で佐治家に入っていた為です。

その後、長男・吉太郎が早世した為敬三が2代目社長となりました。

3代目社長・鳥井信一郎は、信治郎長男・吉太郎の息子で、母は阪急電鉄創業者・小林一三の娘です。

4代目社長・佐治信忠は、2代目・佐治敬三の長男。

5代目社長・新浪剛史は初の一族外からの登用です。

しかしこれは繋ぎ措置と言われており、次期社長候補である鳥井信宏(3代目社長鳥井信宏長男)で一族経営に戻る様です。

精神

サントリーの企業理念は「やってみなはれ」という言葉です。

この言葉は、創業者・鳥井信治郎が常に発していた言葉です。

例えば「やって見なはれ。

やらなわからしまへん。

酒はみな生きてます。

どんな酒か置いてみなはれ」という具合です。

やってみては考えて、またやってみては修正する。

この失敗を恐れない、創業者以来のパイオニア精神がサントリーの精神そのものなのです。

ビール業界では後発のサントリーがビールに再参入した時代、サントリーはウイスキーだけて十分でした。

しかし社内の慢心に気付いた佐治敬三は、あえて難関のビールに挑戦したのも「やってみなはれ」の精神を取り戻す為でした。

非上場の理由

資本金700億円、従業員数3万7千人余りというこの巨大会社は証券取引所に上場していない、発行株式の約9割を創業家の資産管理会社が所有している非上場会社なのです。

その理由は
1.時間が必要な酒の醸造という仕事は、目先の利益確保に走りがちな株式公開に適さない。

2.酒を文化の一つとして考え、商品造りの根本と捉えて力を注いでいる文化事業が理解されずに単なる無駄と切り捨てられる恐れがある。

からと、4代目社長・佐治信忠は言っています。

まとめ

サントリーってこんな会社なんだ、と発見があったのではないでしょうか。

「やってみなはれ」はNHK連ドラでも有名になりましたが、実際にそれがサントリーの社是だったのです。

創業から今に至って活躍している会社には、この様な社是や伝説の出来事が豊富です。

人が真似の出来ない様な活動を経て今の栄光があるのです。

そしてこの栄光を未来にも持ち続ける為に、さらなる努力が続けられます。

まさに継続は力なりです。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。