パソコンの基本操作と、使わなくなったパソコンの処分方と業者の紹介

意外とわすれてしまうパソコンの操作方法から、処分の方法までを紹介します。

スクリーンショットのやり方

ウィンドウズの場合

キーボードの[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押すと、現在選択されているウィンドウ(アクティブ ウィンドウ)だけのイメージがクリップボードに保管されます。

続いてペイントを起動し、[Ctrl]キーを押しながら[V]を押すと、クリップボードに保管されているイメージがキャンバスに貼り付けられます。

スポンサーリンク

Macの場合

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
  2. スクリーンショットの撮影範囲の始点となる位置に十字ポインタを移動し、そのままドラッグして範囲を選択します。

初期化の方法

ウィンドウズの場合

こちらで紹介されています。
公式:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026528/windows-reset-or-reinstall-windows-10

Macの場合

こちらで紹介されています。
公式:https://support.apple.com/ja-jp/HT204904

 

処分の方法

平成15年10月1日より、家庭で使わなくなったパソコンは粗大ごみとして捨てられなくなりました。

パソコンにPCリサイクルマークが貼られている場合は製造したメーカーが無料で回収してくれますが、そうでない場合、自分で処分しなければなりません。

パソコンを適切に処分する方法と業者についてご紹介します。

直接持ち込みについて

処分するパソコンが大量にあったり、発送や梱包が面倒だという人は、直接リサイクル業者に持ち込む方法がお勧めです。

ほとんどの業者で受け付けてくれますが、電話で相談をしてから持ち込むとよいでしょう。

中には引き取りをしてくれる業者もあるので、女性や高齢者の方、車を持っていない方は確認してみるとよいですね。

リサイクルを行っている自治体

一部の自治体では指定の廃棄場所に持ち込めば処分してくれます。

お住まいの地域で処分してくれるかは役所のホームページで確認できます。

しかし、一般的に回収の費用が発生しますので、その点も要確認です。

スポンサーリンク

パソコンリサイクル業者に依頼

最近、リサイクル業者の広告をよく見るようになりましたね。

家庭のパソコンは一般廃棄物に該当します。

送る、回収、持ち込みなど、さまざまな方法で引き取ってもらえる業者が多いので最寄りの業者を調べてみましょう。

また回収したパソコンのデータを消去してくれるサービスもあります。

日本郵便のパソコン回収

パソコンの製造会社かパソコン3R推進会に申し込むと、郵便局のエコゆうパックでパソコンを処分できます。

最寄りの郵便局に持ち込むか集荷を依頼すると再資源化センターにパソコンを配送してくれます。

しかし、平成15年9月までに製造されたパソコンは回収再資源化料金が必要となりますのでお気を付けください。

スポンサーリンク

パソコンのデータを消去する方法

パソコンを処分するとき、気になるのは保存しているデータの消去ですね。

データ消去をしてくれる業者もありますが、自分でしないと安心できないという方はバックアップを取った上で、購入時の状態に戻すリカバリをするとよいでしょう。

リカバリには「リフレッシュ」、「リセット(ファイルのみ削除)」、「リセット(ドライブを完全にクリーンアップ)」の三種類があります。

パソコンを処分する場合は「リセット(ドライブを完全にクリーンアップ)」を行いましょう。

まとめ

冷蔵庫やテレビなど粗大ごみとして回収してくれないものが増えてきて、捨てられないものがあるとわかっていてもパソコンなど個人情報が流出する恐れがあるものの処分は注意が必要ですね。

自分でデータの消去ができる自信のある方はネットオークションに出すのもいいかもしれません。

自治体から配布されるごみ捨てのマナーについての冊子やインターネットの情報なども取り入れて適切に捨てるようにしましょう。

スポンサーリンク



コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。