うどんは手軽に調理できて様々なアレンジが可能な食材

うどんは最もポピュラーな麺類の一つです。
ダシをかけて食べる気楽な食材として利用することもあれば、様々な具をのせて食卓のメインにできる食材でもあります。
自宅や店舗で幅広く簡単に食べることのできるのがうどんの良さです。
また冬は鍋焼きうどん、夏は冷やしうどんと、その季節に合った食べ方ができるのも特徴です。

関東と関西のうどんの特徴

関東と関西では、うどんのダシに違いがあります。
関東のダシは色や味が濃くなっているのが特徴であり、関西のダシは色が薄めで味もあっさりしたものが主流になっています。
また関東は鰹ダシが中心であり、関西は昆布ダシが中心です。
うどんの煮込み時間にも違いがあり、関東の方が長くなっています。
各自のダシの好みに応じて、関東風か関西風かを選択するとよいでしょう。

うどんはどこでも簡単に手に入る食材

うどんはスーパーやコンビニで簡単に手に入る食材です。
単品で売られていることもあれば、ダシや具と一緒に入ったパックで売られている場合もあります。
うどんには生麺もあれば乾麺もあります。
生麺の場合はそのままダシに入れて煮込んで食べることもできますが、乾麺の場合は麺を別に茹でる必要があります。
生麺も乾麺も温かい状態で食べる以外にも、茹でた後に冷やして「ざるうどん」として食べることもできます。

うどんに入れる具は多くの種類が存在

うどんに入れる具の代表的なものは、アゲ、天ぷら、肉、卵などであり、単品でそれをのせる場合もあれば、複数を組み合わせて入れる場合もあります。
薬味としてネギを加えて食べるのが一般的です。
またネギ以外にも、天かす、とろろこんぶ、大根おろしなどを添える場合もあります。
最後に一味や七味を加えることで味にアクセントをつけることもできます。

有名なうどんのブランドは讃岐と稲庭

「香川県の讃岐うどん」と「秋田県の稲庭うどん」は、うどんの二大ブランドとして知られています。
どちらもコシのある麺が特徴で、食べ応えやのど越しの良さなど一級品のうどんと言えるでしょう。
スーパーでも手軽に購入することができるため、名産のうどんをいつでも楽しむことができます。

うどんは店舗でも気楽に食べられる

うどんは外出先の様々な場所で手軽に食べることができます。
立ち食いうどんの店もあれば、通常の和食店、うどん専門店もあり、それぞれ工夫を凝らしたメニューを提供しています。
トッピングする具の量や中身によって料金に違いがあります。
自分の好みに合わせて様々な具をのせたうどんを楽しむことができます。

まとめ

うどんは定番の食べ方以外にも、アレンジレシピが楽しめるのも特徴です。
焼きうどんにすればまた違った味わいが楽しめます。
鍋焼きうどんのように、特に寒い時期にとても体が温まる食べ方もあります。
また、カレーうどんや力うどんなど、様々なアレンジや具にも馴染むことができるため、うどんの玉があれば冷蔵庫の中にある食材を使って工夫した料理ができます。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。