冷蔵庫のタイプ

 近年、様々な冷蔵庫が売られていますが、
家庭用冷蔵庫には大きく分けて3つのタイプがあります。

 それでは、見ていきましょう。

・トップフリーザー

 上が冷凍、下が冷蔵。

 ひと昔前は、これ一択でしたね。
今でもこのタイプが慣れていて使いやすい、という人もいるのではないでしょうか。
 一人暮らしで、冷凍をよく使う方は、まっすぐ立った状態で使用できるので
こちらが向いているのではないでしょうか。
 冷凍が上にあると、冷気が逃げやすいという方もいらっしゃるようですが、
開けっ放しにしなければ、気にするほどではないでしょう。

お買い求めの際には、扉の開閉方向に気を付けなければいけません。
買い替え頻度が多くないので、意外と忘れがちになります。
利き手に関係なく、間取りに合わせて選びましょう。

・ボトムフリーザー

 上が冷蔵、下が冷凍。
 数年前から、このタイプが主流になりました。
冷蔵をよく使う方、自炊する方には最適。
ですので、一般家庭では、このタイプが一気に広がりましたね。

 冷凍が引き出し仕様になって、便利さを痛感した人も多いかと思います。
引き出し仕様だと、奥にある物も取り出しやすいのです。

 こちらも買い替え時には、扉の開閉方向に注意です。

・フレンチドア

 観音開きのドアです。

 全面のタイプと、一部のタイプがあります。
半分開けるだけで出し入れができるので、電気代の節約になります。
逆に、買い物から帰ってきて、両方の扉を開けるのが面倒だという方もいらっしゃいます。
 
こちらは、扉の開閉方向を気にしなくていいので、どこでも不便なく使えます。
引っ越しの多い方なんかは、このタイプが便利です。

まとめ

 以上、3タイプご紹介しました。
この3タイプに、ドアが増えたり、引き出しが増えたりと、様々な冷蔵庫があります。

どれがいいかは、家の間取りや、使い方によって、向き不向きが変わってくるでしょう。
買い替えの際には、初めてのタイプも検討してみてはいかがでしょうか。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。