料理をラクにするコツ・さらに栄養もたっぷりとれる

毎日の食事作りは大変なことだと思っている人も多いのではないでしょうか。
でも、ラクにするコツを知っていれば、むしろ料理は楽しくなるのです。

手抜きをしないでラクをする

料理で手抜きすると、味も落ちてしまう気がするし、手抜きする自分がダメな人間と思ってしまう気がします。
そこで、手抜きはしないけどラクをすることを考えましょう。面倒な作業は一度にまとめてやってしまうのがコツです。
例えば、切る作業をすべて終わらせてから火を使うようにする。これだけでも、効率よく作業が進みますよ。

野菜は丸ごと食べる

野菜の皮むきや、種・ワタ取りって、とても面倒くさいですよね。
実は、野菜は皮をむいたりしないでそのまま食べた方が、栄養がとれることが研究で明らかになっているのです。
皮のすぐそばに栄養があるので、野菜はキレイに洗って、皮付きのままで料理しましょう。
ピーマンのワタも、取る必要はありません。そのまま切って一緒に調理した方が栄養が摂れますよ。

冷凍庫を賢く使おう

料理が苦手な人に多いのが、食材を腐らせてしまうこと。使いきれないものをそのままにしてしまうからです。
そこで、早め早めに冷凍してしまうことをおすすめします。特に、キノコなどは冷凍した方が栄養価も旨味もアップすると言われています。
ただし、豆腐やこんにゃくなど冷凍すると食感が変わってしまう食材もあるので、気を付けましょう。

まとめ

このようにちょっとした工夫をするだけで、毎日の食事作りはグンとラクになります。負担が減ると料理も楽しく思えるようになりますよ。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。