佐川急便の再配達依頼は実は誰でも可能だった!

ネッツ通販が主流になった今、切っても切れないのが宅配業者です。しかし、宅配業者もメインの稼働時間帯は昼間です。その時に不在にしている方も多く再配達してもらわないといけないケースは多いです。大手宅配業者でヤマト運輸は比較的再配達の仕方は知られていますし、日時指定も誰でもできますので不在を予防することもできます。ただ、意外と佐川急便は知られていませんが実は簡単にできます。

まずは不在連絡票をチェックしよう

不在だった場合は不在連絡票が入ります。そこにドライバーがわざわざ手書きで自分の連絡先を記載している場合があります。この時は周辺を担当しているので、比較的直に連絡をもらった方が小回りが利き、割と早いタイミングで戻ってこれる体制になっていることが多いです。そのため、もし連絡票にドライバーとの連絡が取れる手段があるなら、そちらのコンタクトを優先して連絡を取ると良いでしょう。ただ、遅い時間帯だとドライバーさんも拠点に戻ってしまっていたり、仕事を終えているので電話に出ないこともあります。

ネット環境があればいつでもどこでも依頼できる

クロネコヤマトだと再配達の依頼はいろいろなアクセス方法があります。中でも不在連絡票に大きく書かれているフリーダイヤルを思い浮かべる方は多いでしょう。ところが佐川急便にはそれがありませんので、佐川は再配達の依頼が指定しにくいと思ってしまっている方も多いかもしれません。しかし、佐川急便も受け取りてから自分の都合の良い日時に再配達を指定した再配達の依頼が可能です。それがネットを使った方法になります。だからこそ、スマートフォンやパソコンのどちらかがあれば、誰でも利用できます。

WEB再配達受付サービスを活用しよう

佐川急便のホームページにあるWEB再配達受付サービスを使うと、再配達の依頼ができますし日時指定もできます。最初に不在連絡票にある営業所番号と荷物の問合せ番号を入力します。その後に日時指定などを選んで完了するだけで、受け取り可能な時間に再度荷物を届けてくれます。誰でも利用できるのですが、営業所番号などが必要なため、手元に不在連絡票がないとできませんが、それでもネットなら移動中などでもできるので手間がありません。確実に受け取るためにもうまく活用していきましょう。

まとめ

意外とわかりにくい佐川の再配達ですが、きちんとシステムは用意されています。ケースバイケースでネットからがいいのか、直接ドライバーに電話したほうがいいのかは、時間帯によって変わります。ただ、どちらも気づいてすぐに依頼する方が早く荷物を手にできるので、できるだけ早急に連絡を取ってみるのが一番大切なポイントです。ネットでの依頼もわかりやすい画面ですので難しいことはありません。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。