電車の遅延の原因について

今現在日本には500以上の路線、1万以上の駅が存在します。毎日のように電車に乗る人も少なくないでしょう。しかし、困ったことに電車の遅延によって仕事や学校、デートや重要な予定に遅れそうになる、または遅れてしまったという経験もあるのではないでしょうか。ではいったいそもそも電車の遅延の原因は何なのでしょうか?

その1

まず電車の遅延の原因で一番多いのは発車時間ギリギリの駆け込み乗車です。みなさんもこのような光景をよく見るのではないでしょうか?1つの駅で考えると数秒しか遅れないかもしれません。しかし、この少しの遅れでも積み重なると分単位の遅延となってしまいます。一人一人が時間に余裕を持っていれば防げる原因でもあります。

その2

次に挙げるの原因は線路内の立ち入りです。ただ線路内の立ち入りとは耳にはしますが、よく考えるとなぜ線路内に立ち入りのか不思議に思ったので調べて見ることにしました。主な理由は跨線橋を渡ることが面倒なため、遠回りをして踏み切りを渡ることにが面倒などがありました。また鉄道マニアによるものも多いそうです。こういった理由を一人一人が気をつければ防げることだと思います。また最近では線路内に人が立ち入らないようにホームドアの設置が都心では進められいます。

その3

最後に挙げる原因は事故や事件です。簡単に言えば線路への飛び込みや転落による人身事故です。この中でも飛び込み事故つまり自殺行為などはみなさんもよくご存知だと思います。また最近では痴漢行為に関連した事件も多くなっています。この原因もホームドアの設置によって遅延よ減少に繋がっていくのではないでしょうか。

まとめ

以上3つの電車の遅延の原因を挙げました。ただどれも一人一人の意識によって遅延を減少させることができるものだと思います。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。