Suicaで楽々!電車もお買い物もこれ1枚

電子マネーや交通ICカードが一般的になっている現在、代表的な交通ICカードの1つである「Suica」。ペンギンのキャラクターでもお馴染みですが、改めて「Suica」とは一体どんなカードなのか、どんな便利機能があるのか見ていきましょう。

Suicaとは

JR 東日本が発行する交通ICカードです。改札でSuicaをかざせば、ピッと瞬時に改札を通ることができ、非常に便利です。

Suicaの導入エリア

2001年に導入されてから次第に拡大し、JR東日本以外でも、東京モノレールや東京臨海高速鉄道などでも導入されています。首都圏、仙台、新潟エリアで使用されています。

電子マネーとしての利用が可能

電子マネーとしての機能も兼ね備え、駅のキオスクや自動販売機、また電子マネー決済を導入している街中の店舗でも使用するのとができます。

Suicaの種類

Suicaには、カード式のものが3種類と携帯端末の「モバイルSuica」があります。

まず、カード式の1つ目は、「Suica定期券」です。文字どおり定期券の機能を有していますが、加えてチャージ(入金)しておけば、お買い物や、定期券区間外の自動精算ができます。

定期が不要な方には、「My Suica(記名式)」と「Suicaカード」 があります。どちらもチャージしておけば、改札機にタッチするだけで自動的に乗車区間の運賃の精算が可能ですし、お買い物もできます。

モバイルSuicaは、おサイフケータイ対応の携帯端末で、上記のSuicaの機能を搭載しているサービスです。携帯端末であることを活かし、新幹線や特急券の予約がチケットレスでできたり、チャージ金額が一定額以上となるようオートチャージ機能を使うことができたりと、さらに充実しています。

紛失しても大丈夫

万が一Suicaを紛失してしまっても再発行ができます。Suicaエリア内の駅の窓口に紛失した旨を伝えてください。紛失したカードの利用を停止してくれます。そして停止完了時点でのチャージ残額、「Suica定期券」は定期券部分を保証して、翌日以降カードを再発行してくれます。ただし名前など登録している「My Suica(記名式)」や「Suica定期券」だけなので気をつけましょう。

まとめ

Suica1枚あれば、定期も電子マネーも兼ね備えていて、とても楽なカードですし、モバイルにすればさらに身近で便利なものに。電車に乗る際も、お買い物をするときももたつかず、ピッと一瞬で完了できます。Suica圏内の方は、うまく生活に利用していきたいですね。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。