アルバイトとパートは何が違うの?わかりやすく解説します!

早速ですが、あなたは「アルバイト」と「パート」の違いをご存知ですか?

アルバイトは学生がやるもので、パートは主婦がやるもの…。

なんとなく、こういったイメージが定着していますよね。

けれど、求人誌などを詳しく読むと募集条件に両者の差はないようにも見えます。

じゃあ一体何が違うの?どちらに応募したらいいの?

その疑問を解消するために、今回はアルバイトとパートについてご紹介します。

「アルバイト」と「パート」の語源は?

そもそも、アルバイトやパートという言葉はどこからきたものなのでしょうか。

「アルバイト」は、ドイツ語で勤労を意味する単語「Arbeit」が語源と言われています。

明治時代に学生たちが「学業の片手間に行う仕事」という意味で使い始めました。

本来は雇用形態を表すものではなく、「副業している人」を指す言葉でしたが、誤って広まったために現在のような使い方に変化したようです。

一方「パート」は、英語で時間の一部という意味を持つ単語「Part-timer」が語源と言われています。

昭和30年頃から百貨店などが短時間勤務という条件で主婦を募集したことから、その呼び名が広まりました。

以上のことから、アルバイトは学生がやるものでパートは主婦がやるもの、というイメージが持たれてきた背景には語源が由来していると考えられますね。

「アルバイト」と「パート」に違いはない!

実際のところ、アルバイトとパートに明確な違いや区別はありません。

法律上ではどちらも「パートタイム労働者」として扱われます。

「パートタイム労働者」は「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」という意味です。

簡単に言うと、正社員より働く時間が短い労働者、ということですね。

法律で労働者と定めされているので、条件を満たせば社会保険に加入できますし、有給取得も可能です。

労働基準法をはじめ、最低賃金法や育児・介護休業法など労働に関する法令も適用されます。

これらはパートタイム労働者と正社員、どちらにも当てはまることです。

法律という観点から見たとき、正社員を含め、アルバイトやパートに違いは全くないのです。

企業が考える「アルバイト」と「パート」の違い

では、法律でが同じ扱いなのに、なぜ呼び方が違うのか。

これは、企業が便宜上分けただけに過ぎないのです。

「アルバイト」は、社員を一時的に増員するために短期~中期で働ける人材を雇うという意味で捉えられています。

業務内容は正社員と異なったり、一部であったりすることがほとんどです。

働く時間や日数が限定されているということも特徴のひとつですね。

一方「パート」は、正社員と比べると労働時間や日数は短いですが、長期間働ける人材を求めていることが多いです。

業務内容も正社員と大差ありません。

飲食店を例に挙げるならば、ホールで接客を行う仕事はアルバイトに、ホールやキッチンの在庫管理なども含めて、業務全般を担うのはパートや正社員といったところでしょうか。

企業側がパートタイム労働者をざっくりと分類するために、2種類の呼び名が生まれたというわけです。

「アルバイト」と「パート」、どちらに応募したらいいのか?

結論からいうと、どちらで応募しても大丈夫です!

上で説明した企業の考え方は、あくまで一般論にすぎません。

アルバイトで長期間働いてはダメということはないし、パート勤務だから週5回出勤しなければいけない、なんていうこともありません。

最近ではスタッフやクルーなどの新しい呼び方も増えてきています。

募集条件を確認して、自分が求める働き方ができそうであれば応募してみましょう。

もし不安が残るようでしたら、直接企業に確認するのもひとつの手です。

まとめ

いかがでしたか?

アルバイトやパートという呼び方にとらわれず、やりたい仕事に就くのが一番ですよね。

もし気になる求人を見つけたのであれば、迷わず挑戦してみましょう!




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。