意外と知らない!?警報と注意報の違いとは

よく天気予報なので見かけることが多い注意報や警報。

災害の発生が予想される地域に出し、防災・避難活動が円滑に行えるようにする役目を持ちます。

しかし、この二つの違いについて知らない方も多いと思われます。

そこで今回は、注意報と警報の違いについてまとめていきたいと思います。

そもそも注意報と警報とはなにか

そもそも注意報とは、気象状況の変化により災害の恐れがある場合、注意換気を促すために気象庁がだすまのです。

警報より予報の度合は低めです。

一方警報は、より重大な災害が発生する恐れがあり、「注意報」より、さらに深刻な被害や切迫した災害に見舞われる危険があるときに、それらを警告するために出します。

もちろん注意報よりも危険の度合は高めです。

では違いはなにか

大きな違いがひとつ、それは災害が発生する度合によってわかれていることです。

予想される被害規模の広さ、災害のリスク、緊急性などにより区別されます。

これが警報と注意報の大きな違いです。

注意報・警報の種類

最後に警報と注意報の種類を簡単に紹介します。

まず注意報には、大雨、洪水、波浪、高潮、なだれ、乾燥、雷など、計16種類があります。

次に警報には、大雨、洪水、暴風、大雪など、計七種類があります。

予想される天気などにより、出される注意報・警報が変わってきます。

まとめ

今回は注意報と警報の違いについて簡単に紹介しました。

違いがあるとはいえ、これらが発表されるということはなんらかの災害などが発生する危険があるということはどちらも同じです。

発生されたら、最大限の注意をはらうようにこころがけましょう。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。