浴衣の着付けは自分でしたい!

日本人たるもの、浴衣くらいの着付けは自分で出来るようにしたいものですよね。最近よく美容院等で着付けをしてもらうサービスがありますが、果たして、本当にそれでいいのでしょうか?そして、着付けが出来ても本当にその着付け、合っていますか?

美容院で着付けをしてもらう?

これが悪いという訳ではありません。美容院で着付けをしてもらうほうが、綺麗に着付けられます。さらに髪型も可愛くお洒落にしてもらえますよね。これで全身が綺麗に素敵に完成するわけです。ただ本来浴衣は民衆が気軽に着られる服であったのに、お金を掛けるのか……と思ってしまったりしませんか?時と場合によりますが、出来れば避けたいものです。

その着付け、なんか変?

自分で着付けたとします。ですが、夏、街中を歩いていると浴衣の人を見かけることが多くなります。見ていると、あれ?その着付け変じゃない?と思うことがよくあります。例えば、首を抜いていない、または抜きすぎ、お端折りがもこもこしていたり大きすぎる、などなどがあります。そして、1番違和感があるのは流行りの“作り帯”です。明らかにこれは作り帯だ!とわかるのです…。もちろん形は綺麗ですが、帯は自分で結べたほうが色々な形に出来ます。今日はこの結び方、明日はこの結び方、等々レパートリーがあるほうが楽しいと思うのです。

着付け習得のススメ

まず着付けを覚えなくてはなりませんが、ここはひとつ、あなたのおばあちゃんに教えてもらうのはいかがでしょうか?あまり会えていない方にとってはベストチャンスではないでしょうか。きっとおばあちゃんも喜んでくれることでしょう。そして、着付けを出来るようになったら美容院でお金をかける事なく、気軽に出掛けられます。もし友人が浴衣は持っているが着付けられない…としたら、着付けてあげることも出来ます。また、日本の文化として、自分で着付けが出来ることで受け継いでいく、これが真の願いでもあります。

まとめ

自分で綺麗に浴衣を着られたら、とても素敵だと思いませんか?日本人として、日本に生まれたからには、着付けが出来たら本当に素敵です。ぜひ一度挑戦して頂きたいです。案外簡単に着付け出来てしまうかも知れません!




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。