英語を学んで国際人に

英語は学校で習っただけでは、なかなか身につかないものです。不意にアメリカ人から何か聞かれても、答えられる人はそれほど多くありません。学校を出てから英語を学ぶにはどんな方法がいいのでしょうか。ここでは5種類の学び方について説明してみましょう。どれがいいのかはあなた自身が決める事です。

英会話スクール

誰もが最初にイメージするところでしょう。子供向けからビジネスマン向けまで、コースによって教えてくれる内容やレベルが違います。外国人講師もいれば日本人講師もいます。外国人が苦手な人はまず日本人の先生にお願いするという手もありますね。コースによっては個人授業もありますから、徹底的に勉強したい人には最適ですね。小さい頃から通えばネイティブの発音が覚えられると幼児クラスまでありますから、一度どんなコースがあるか見ておきたいですね。

オンライン英会話

インターネットで海外に接続して、オンラインで顔を見ながら学習します。基本的に個人指導ですが、自宅から出来るのであまり緊張しなくてもいいかもしれません。時差があってもちゃんと受け付けてくれますし、24時間体制のところもあります。場合によっては、おはようと言ったら相手は真夜中だったりするかもしれませんね。

外国人と友達になる

この方法だと学費がかからないのでお得ですね。留学生とか宣教師見たいな人達と接触する機会があったらチャンスですね。相手も日本語が学びたいということが多いので、気軽に声を掛けてみるのもいいかもしれません。アメリカ人やイギリス人だけでなく英語を話す外国人は多いので、外国人が集まる場所に行ってもいいですね。もしかしたら彼氏や彼女ができることがあるかもしれませんね。

自己学習

あくまで自分で頑張るんですね。とはいってもテレビやインターネットで、学習する材料はいくらでもあります。テレビだけで外国語を覚える人は結構いるんです。テレビ番組はニュースからお笑いまで多彩ですから、満遍なく学べます。無論、本を読んで覚えるやり方もあります。発音は二の次と言うのなら、文法力で勝負となりますが、外国映画を観て発音を真似るなど、楽しみながらできる方法もあります。

海外へ飛び出す

海外留学したりホームステイしたり行動力のある人がやっていますね。世界一周をしながら英語を覚えたなどと言う強者もいます。周りが外国人だらけという環境なら、度胸さえあれば一番早くおぼえられるでしょう。話せないと買い物も出来ない訳ですから、必死にはなりますよね。英語も国によってクセがありますから、行った国の訛りをおぼえてきてしまうケースも多くあります。

まとめ

どんな方法でも努力すれば英語は身に付きそうですね。自分に合った費用や時間で選ぶのがいいでしょう。自分の英語力を試してみたかったらTOEFLやTOEIC等のテストを受けてみるのもいいでしょう。これらのテストで高得点が取れれば就職などにも有利になりますし、友人に自慢できるかもしれませんね。毎日やることが語学学習の基本です。スクールに行ったとしても、授業のない日は自宅学習するくらいの気合が必要です。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。