ドラゴンボールあらすじ

ドラゴンボールの主人公である孫悟空。幼少期より類い稀なる戦闘センスを放ち、伝説とも呼ばるスーパーサイヤ人となった孫悟空とは一体何者なのであろうか?

ピッコロ編

マーフーバによりジャーに閉じ込められていたピッコロとの戦い。最終的に腹部にパンチをし、ピッコロを撃破する。その死闘たるや、少年少女の心を鷲掴みにした。ちなみにこの段階ではスーパーサイヤ人ではない。

フリーザ編

孫悟空がサイヤ人であったこと、そしてドラゴンボールがナメック星で作られていたと言う事実が発覚。大の親友であったクリリンの死により、伝説のスーパーサイヤ人に覚醒。クリリンのことか!っという名言を残す。

セル編

心臓病に掛かった孫悟空。薬を飲み、病を治すも完全体となったセルには足元にも及ばない。絶望の中でたおめぇの出番だ、悟飯!っは親から子へ主役の交代を感じさせられる一言であった。

魔人ブウ編

セルを悟空の息子である孫悟飯が撃破、その後のストーリーである。孫悟空には新たに一人の息子、孫悟天が出来ていた。そんな中、宇宙から来たバビディにより最悪の魔人ブウが復活してしまう。孫悟飯ですら倒されてしまう中、やはり最後は孫悟空が。ライバルとのベジータとの共闘、やはり最後に相応しい。

まとめ

ドラゴンボールは一見ただの戦闘漫画であるかのように思われるが、親子、そしてライバルや仲間たちの共闘。少年ジャンプの三代テーマである、勝利、友情、努力を体現した漫画なのである。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。