パチンコという遊戯とそのシステム

大衆の娯楽として町中で見かけられるパチンコ店、その一方で経営のあり方が社会から疑問視される面もあります。

娯楽なのか賭博なのかについては様々な意見が存在します。

パチンコとは

釘が多数打たれた盤面に直径11ミリの鋼球を打ち出す遊戯で、有料で貸し出された玉を増やして景品と交換する。

そのまま現金と交換すると賭博になるので、三店方式を用いて法律により処罰対象となることを回避している。

玉の打ち出しは電気で制御され、打ち出す回数も決まっている。

釘調整も厳密には違法行為なので出来ない。

パチンコ店

全国にチェーン展開する大企業もある一方で、近年のパチンコ離れにより閉店を余儀なくされる零細店も多い。

パチンコ店の経営だけに頼らず、他の仕事で利益を出そうとする会社もある。

外国資本により経営され、友好的でない国に資本流出していることも問題視する人もいる。

パチンコの規制

射幸心を煽りギャンブル依存症が社会問題とされる背景により、出玉の規制指導が繰り返し行われている。

規制が行われるたびに新たなシステムを導入してきたが、厳しい出玉規制はパチンコ離れを加速させている。

まとめ

全国のパチンコ台の設置台数は大きく変化していませんが、店の数は最盛期と比べると明らかに減っています。

規制も厳しくなりパチンコを打つ人も減る一方、パチンコの衰退が止まることはないでしょう。

今後、店の経営者や従業員、客や依存症患者がどのように生きるべきか問題は山積しています。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。