ハンバーグを初めて作るときのポイント

ハンバーグは、その美味しさと食べやすさで大人から子供まで多くの人に人気のある食べ物です。
そんなハンバーグを自分で作ってみたいと思ったときに、押さえておきたいポイントをお伝えします。

お肉は合い挽きが基本

まず、ハンバーグの材料のお肉を購入する際には、合い挽き肉を選ぶのが基本です。牛7:豚3のミンチが定番です。
牛肉100%も肉の質感を楽しみたい人には人気ですが、やや値が張ります。粗挽きもありますが、初心者にはオーソドックスなタイプのミンチが扱いやすいでしょう。
スーパーの精肉コーナーに行けば、ハンバーグ用として並べられていますので安心ですね。

よく練ることでキレイに仕上がる

ハンバーグを作るときには、他の材料と合わせて混ぜる際によく練るようにしましょう。
ミンチのつぶつぶがなくなるくらいにまで、しっかりとなじませることで、ふっくらとしたキレイなハンバーグに仕上がります。
手を汚したくない場合は、スプーンなど道具を使うのではなく、ビニールの手袋をはめて手で練ることをおすすめします。

蒸し焼きにしてふっくら仕上げる

そして、焼き方も美味しいハンバーグを作るためにはとても大切です。
美味しいハンバーグの条件は、しっかりと焦げ目がついていること、中まで火が通っていること、そして焼きすぎないこと。この3つが揃っている必要があるのです。
豚肉が入っているので、生焼けはおいしさどころか衛生面でダメです。かと言って焼きすぎもパサパサに。
最初に両面をしっかり焼いたら、弱火でじっくり蒸し焼きにするのがコツです。

まとめ

美味しいハンバーグが作れると、料理に自信が持てるようになります。
みんなが大好きなメニューですから、ポイントを踏まえてチャレンジしてみてはいかがでしょう。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。