ラーメンにギョウザ…日本人が中華にハマってしまう理由

中華料理が大好きな日本人はとても多いです。
その証拠に、中華料理屋は至る所にありますよね。
なぜそんなにも中華料理が愛されているのでしょうか。

日本人好みの味付け

中華料理は、中国人がいつも食べている料理と思われがちですが、実際はちょっと違うのです。
中国人が食べるのは中国料理で、中華料理とは違います。もちろん全く違うのではなく、ほとんど同じような感じではありますが、中華料理は日本人向けにアレンジされているのです。
中華料理には中国では食べないような調理の仕方などもあるのですよ。

ギョーザは焼かない

例えば、日本で中華料理の代表格であるギョーザをイメージすると、焼き餃子を思い浮かべますよね。
でも、中国でギョーザというと、水餃子がメジャーなのです。だから、焼き餃子はもはや日本の文化とも言える料理。
他にも、中華料理には日本人向けにアレンジされた料理がいろいろあるので、本場の中国料理とは違っているのです。

エビチリは高級ではない

日本では、エビチリはどちらかというと、庶民的ではなく高級感のある料理というイメージがありますよね。
でも、中国ではエビチリはほとんど食べません。むしろ、鮮度の悪いエビをごまかして食べるための料理というイメージがあるくらいです。
このようなギャップは多々あり、例えば日本で好んで食べられるタコも、その産地では気持ち悪がって誰も食べないというのです。

まとめ

中華料理は日本人のために作られた料理であることをご説明しました。
日本人の味覚に合わせてアレンジされているので、美味しいわけですよね。
本場の中国料理と食べ比べてみれはいかがでしょうか。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。