ケーキはお祝いやおめでたい時に食べるお菓子

ケーキというのはお祝いやおめでたい時に食べることが多いデザートですが、チーズケーキ、ショートケーキ、チョコレートケーキなど種類はとても多くあります。また、歴史や伝統があるものはそのケーキにまつわる物語もあるものです。

お祝いの豪華さによって大きさも異なる

ケーキというのは自分だけで食べるものであれば小さく小分けされているものが一般的ですが、結婚式や誕生日などお祝いの規模によってケーキの大きさや豪華さも違ってくるものです。結婚式であれば3段ケーキであったり、誕生日であれば写真入りや二段ケーキというのもあるものです。また、ケーキもオリジナルで注文すれば自分だけのケーキが仕上がるでしょう。

イラスト入りや写真入りのケーキもできる

子供の誕生日に食べるケーキであれば、イラストや写真入りのケーキにすることもできます。チョコペンでケーキの表面に絵を描いてもらえたり、写真を持っていけばその写真がプリントされたチョコレートをケーキの上に載せてくれることもあります。こうしたイラスト入りや写真入りのケーキはパーティーを盛り上げてくれるアイテムにもなるでしょう。

ケーキは気軽に楽しめるお菓子に

生物のケーキはすぐに悪くなりますから、何日も残しておけないことで特別なお菓子だと感じることのほうが多かったですが、今では冷凍技術も進み美味しいまま冷凍庫で保管することもできるようになったので、昔よりも気軽に楽しめるようになりました。また、コンビニでも本格的な味のケーキが販売されているので、会社帰りにケーキを買って帰ることも身近になりました。

まとめ

ケーキはお祝いやおめでたい時に食べることが多いですが、コンビニなどで気軽に買えるようにもなったので、身近なお菓子ともいえるようにもなりました。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。