緑黄色野菜の王様!ほうれん草の栄養素と食べ方

最近貧血気味ではないですか?近頃のお肌の調子はいかがですか?
緑黄色野菜の代表格ともいえる、ほうれん草。

この野菜には、美容・健康に効果的な栄養素がたっぷりと含まれていることはご存知でしたか?
今回は、知っておきたいほうれん草の栄養素とおいしい食べ方をご紹介します。

そもそもほうれん草とは?

ほうれん草は、アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜です。

日本では千葉県や埼玉県で多く栽培されています。

原産地はペルシャ地方といわれ、江戸時代初期に中国から日本に渡ってきたのが始まりです。

ほうれん草には西洋種と東洋種の2種類があり、スーパーなどでよく見かけるほとんどが西洋種です。

ちなみに、旬の時期は11月から2月ごろと冬真っ只中。

寒いところで育ったほうれん草は、栄養価が高まり、葉が柔らかく、おいしくなるのです。

ほうれん草はビタミンやミネラルが豊富

ビタミンやミネラルは人の体内で作ることができない栄養素です。

そのため、食材から摂取する必要があります。

ほうれん草はビタミンAやβカロテンを豊富に含んでおり、これらは皮膚や粘膜を保護するはたらきがあります。

風邪予防にも効果的です。

また、鉄分と葉酸も多く含んでいます。

鉄分は血液を作るはたらきがありますが、葉酸には鉄分の吸収を促進する効果があるのです。

つまり、貧血予防や動脈硬化予防などにうってつけの食材なのです。

美容にいいと有名なビタミンCも含んでいるので、お肌の調子を整える効果も期待できます。

ほうれん草の食べすぎはよくない?

そんなに体にいい野菜ならいっぱい食べたらいいんじゃない?ちょっと待ってください。

実は、ほうれん草に含まれる栄養素のひとつにシュウ酸があります。

よく「アク」と呼ばれるものですね。

苦味やえぐみが強いのが特徴ですが、過剰に摂取しすぎるとカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

腎結石を引き起こすことも。

また、ほうれん草は食物繊維も豊富に含んでいます。

消化不良になりやすく、便秘や下痢になってしまうこともあるのです。

一度に大量に食べるのではなく、適量を継続的に摂取したいところです。

ほうれん草は火を通すレシピがおすすめ

ほうれん草に含まれるβカロテンは油に溶けやすい性質を持っているので、油で炒めると吸収しやすくなります。

サラダ油やバターでソテーするのはもちろん、オリーブオイルとにんにくを使ってペペロン風などもおすすめ。

また、茹でるとアクがとれるので、おひたしや胡麻和えなどにしても苦味をあまり感じずに食べられます。

茹でたほうれん草とスープをミキサーにかけて、ポタージュにするのもいいですね。

火を通すと葉が鮮やかな緑色になり、かさも減って食べやすくなります。

また、味付けを選ばないのでどんな料理にも取り入れることができますよ。

ほうれん草の保存方法は?冷凍は可能?

生のほうれん草を買っても、そのまま冷蔵庫に入れておくとすぐしなびてしまいます。

水分が飛んでしまわないように、濡らしたキッチンペーパーに包んで立てて保管しましょう。

安い時にまとめ買いをしたけど、食べきれない!野菜室にしまうスペースがない!
そんな時は冷凍保存がおすすめです。

硬めに茹でて、よく水気を絞ってから冷凍します。

ラップなどでぴっちりと密封するのがポイントです。

まとめ

ほうれん草は栄養豊富で、調理方法も難しくありません。

美容と健康のためにも、毎日の食卓にほうれん草を取り入れていきたいですね。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。