簡単・便利人気の手作り弁当紹介

毎日のお弁当作りに困っている人は多くいます。

朝の忙しい時間に朝食と一緒にお弁当作りもするのですから大変な作業です。

やっぱり便利な冷凍食品

最近の冷凍食品は、販売しているおかずの多さには驚きます。たくさんの種類の中からいろいろ選ぶことができるので、毎日飽きずにおかず作りが完成するのですから、利用することをお勧めします。

食品会社が長い期間かけて研究して作られた冷凍食品は、自然解凍で食べることができるものも多く便利なものがたくさんあります。

梅雨の時期は、特にお弁当がいたみやすい時期なので、自分で一からおかずを作るより衛生的にも良いと言われています。

丼弁当が人気

ご飯の上になんでもおかずを乗せれば簡単に丼弁当が完成します。

お弁当箱も、素敵なデザインのものでなくても普段使っているタッパーでも美味しいお弁当が完成します。

お弁当箱にご飯を好きなだけ入れて、冷ましている間におかずを作ってのせるだけなので時間がない人にもお勧めです。

例えば、お肉と野菜を炒めて、焼肉のたれで味付けをした物をご飯の上にのせるだけで焼肉弁当が完成します。

お肉も豚肉や鶏肉を使ったり、野菜も家にある物を組み合わせたり、味付けも色々な調味料を使うことによって、たくさんレパートリーが増えます。

おにぎらすは美味しいだけじゃない

最近、おにぎらずというおにぎりとおかずを一つにするアイデア弁当が人気です。

おにぎらずは、ラップの上にのりをしいて、その上にのりをおきます。

のりの上にご飯をのせて、ご飯の上に好きな野菜や肉をおきます。

さらにご飯をのせてのりで包んで最後にラップを包めば完成です。

おにぎりのようににしっかり握ることもなく、のりで包めば完成なので簡単にできます。

おにぎりを作るのが苦手な人や、おかずを別に容器に入れて持って行くのが面倒な人もおにぎらずは、ご飯とおかずが一つになっているので便利です。

スーパーのお惣菜も活用

前日にスーパーに買い物に行った時には、お惣菜売り場をのぞいて見ることをお勧めします。

揚げ物や煮物など美味しそうなお惣菜がたくさん並んでいます。

一から自分で作るのも面倒な時は、お惣菜も賢く利用してしまうのも弁当作りを長続きさせるコツです。

冷凍食品より安い値段で買えることが多く、夕方や閉店前には値下げされているのでさらにお買い得です。

次の日の弁当に入れる時には、揚げ物や煮物などもレンジで温め直してから、冷まして弁当箱に詰めるだけでおかずがいたみにくくなるので、一手間加えることが大切です。

ご飯に飽きたら、麺やパン

毎日手作り弁当でご飯に飽きてしまった時には、麺やパンを使ったおかずもお勧めです。

例えば、うどんやそばなど食べたい時には、茹でた麺を容器に入れて、別のスープマグなどにつゆを入れて持っていくだけで職場や学校でも、コンビニで買ったみたいなかけうどんやそばが食べられます。

お湯で茹でた面をよく洗って、ぬめりをよくとってから、一口大にまとめて容器に入れると食べる時に麺がくっついて食べにくい悩みを解消できます。

パンも食パンやロールパンに好きなおかずを挟んで持っていくだけで、気軽にサンドイッチ弁当が楽しめます。

まとめ

毎日のお弁当作りは、忙しい朝の時間を有効に使って、簡単で美味しくできるのが一番です。

便利な冷凍食品やスーパーのお惣菜などをうまく使って、負担に思うことなく楽しくお弁当作りができることが理想です。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。