チャーハンは様々な調理の仕方がある

チャーハンは今様々な形で売られ、作られている。例えば、冷凍食品、系列の飲食店で、また個人のお店で。そして、個人で作り料理サイトなどであげている。

チャーハンの作り方は知らない人はいない。そして、おいしいうえに手軽に作れる。だけれども、調味料一つで様々な味にもなる。

パラパラとした米が魅力的であり、やみつきになる。

冷凍食品のチャーハン

スーパーやコンビニに売られている冷凍のチャーハンは、あの米のパラパラ感がものすごくでている。裏の調理の仕方でレンジとフライパンの2種類の調理方法が載っている。

きちんと調理さえすれば、誰でもあのパラパラができおいしく食べることができる。

系列の飲食店のチャーハン

系列店でだされるチャーハンもパラパラ感がすごいしおいしい。作る料理人の腕がいいと思うし、何より家庭ではだせない火力で短時間でさっと作ってしまうあの技術力もすごい。

あれだけの火力をだしながら、こげが全くでていないのもすごいです。

個人のお店のチャーハン

個人で経営されている飲食店でだされるチャーハンはパラパラ感はでるが、味付けは多少異なる。それは、作る料理人の感覚がでているからです。

味付けが異なるのは、またそれはとてもよいことです。その味がくせとなるからです。

個人のチャーハン

各家庭や個人によって味が変わり、個性がでてくるチャーハンです。調味料や調理時間が異なるからです。そして、作る人によっても変わります。

料理サイトのチャーハン

料理サイトに載っているチャーハンは個性がでています。そして、入れる具材やトッピングも異なり味付けも変わっています。色んな工夫がされており見た目も様々です。

まとめ

チャーハン一つとってみても本当に様々にあります。好みも千差万別です。おくがとても深いです。ただ、手軽に食べれますがだからといって取りすぎは良くないです。

カロリーが結構あります。とりすぎるとカロリーの過剰摂取ですので、気をつけて食べていきたいです。

手軽に作れるので、自分も今度挑戦してみようと思います。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。