インスタ映えするには? 奥深いカメラの世界

2017年の流行語にもなった「インスタ映え」。

ソーシャルネットワーキングサイト「Instagram」に投稿する写真のなかでも、特に利用者の目を引いて支持を集める写真のことを指します。

いまやスマートフォンや携帯電話の普及により、誰もがカメラマンになれる時代。

日々更新されていくタイムラインのなかで、多くの「いいね!」を集めるためにはどうしたらいいか?
カメラの楽しみかたを探っていきます。

カメラの王道はやはり一眼レフ

クオリティーの高い写真を撮りたいと思ったら、一眼レフカメラの右に出るものはありません。

家電量販店に行けば、上を見ればキリがないほど高価な一眼レフカメラがたくさん売られています。

しかしエントリーモデルは5万前後で売られていて、近年は性能も物凄く向上しているので、初心者ならばエントリーモデルで充分でしょう。

一眼レフカメラのエントリーモデルはここがすごい

一眼レフカメラの楽しみかたは、なんといってもレンズを付け替えられることにあります。

遠くのものを撮りたいときには、ズームレンズを。

広い景色を撮りたいときには、広角レンズを。

近いものを接写したいときには、マクロレンズを。

レンズを替えることによって、カメラの性能は様変わりするのです。

なので、エントリーモデルの一眼レフを購入したい人にオススメなのが、レンズが2本ついたダブルズームキット等のセットです。

本体に高いお金をかけるくらいなら、お得にレンズが複数ついてくるセットで、まずはレンズの付け替えを楽しむのがオススメです。

スポンサーリンク

単焦点レンズがすごい

インスタ映えを狙って友人や家族のベストショットを狙うなら、単焦点レンズがオススメです。

単焦点レンズとは、その名の通り焦点がひとつしかなく、ズームをすることができません。

そのため、被写体に寄りたい場合は自分から寄っていく必要があり、画づくりの練習にもなります。

そして、自然なボケ味を出せるため、スマホ撮りでは実現できないようなフォトジェニックな写真が撮れます。

F1.8といった明るい写真を撮ることもできます。

ミラーレスも女子に人気

一眼レフカメラは重いしゴツイし苦手……という人には、ミラーレス一眼カメラがオススメです。

一眼レフカメラは、本体の内部でミラーに光を反射させて像を写す機構のため、そのぶんのスペースと重さを必要とします。

しかしミラーレスカメラにはミラー機構がないため、省スペースで小型化・軽量化がなされているのです。

比較的一眼レフより安価なのも嬉しいところ。

特にカメラ女子に人気のカメラです。

スポンサーリンク

なんだかんだスマホもすごい

耐水や耐震性を考えれば、デジタルコンパクトカメラも使い勝手はとても良いといえます。

レンズの付け替えはできないものの、取り回しのよさや価格の安さは魅力です。

しかし、下手なデジタルコンパクトカメラを買うくらいなら、最近ではスマートフォンのカメラもバカにできないくらい高性能になってきたので比較が必要かもしれません。

スマートフォンの便利なところは、なんといっても常に携帯していること。

いつでもどこでも心動く光景があったらバシバシ撮れますし、スクープ写真を捉えることだって夢ではありません。

SNSへの投稿もラクラク。

スマホもなかなか侮れません。

まとめ

カメラには様々な種類や用途があり、それぞれに利点や魅力があります。

いまや誰もがカメラマンになれる時代。

技術の上手い下手よりも、何を撮ったか、どんな気持ちや感性で撮ったかによって、いくらでも評判になる可能性があります。

気軽だけども奥が深い、それがカメラの世界です。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。