日本とは違う!?アジアのいがいなバレンタイン

女性が気になる男性に対して、チョコなどのお菓子を贈る文化、それがバレンタインです。

しかし、日本以外のアジアの国では全く異なる文化だと言われています。

そこで今回は、アジアの国々のバレンタインについてご紹介します。

韓国のバレンタイン

日本のすぐ近くにある国・韓国のバレンタインデーは日本とはあまりかわらず、女性が男性にギフトを贈る文化となっています。

しかし、ただひとつ違う点として4月14日にブラックデーと呼ばれる特別な記念日が存在することです。

この日は恋人のいない人たちのためにもうけられたもので、みんなで黒い服を着て集まり、チャジョンミンと呼ばれる黒い麺を食べたり、ブラックコーヒーを飲んだりして孤独をお互いに癒す活動をしています。

中国のバレンタイン

東アジアいちの人口数をほこる国・中国では、バレンタインデー当日を「情人節」と呼んでいますが、実は旧暦の7月7日にも中国独自の恋人の日が存在します。

そう、日本でいう七夕の日です。

夏の星座に由来する一年に一度しか会えない恋人たちの神話がルーツになっています。

中国では、女性たちが果物をお供えし、理想の男性に出会える事を願う日となっています。

フィリピンのバレンタイン

東南アジアのフィリピンのバレンタインも、かなり独特なものになっています。

2月14日、バレンタインデー当日に都市の公共スペースにたくさんのカップルが集まり、合同の結婚式をあげる風習があります。

このイベントに政府も資金提供しており、結婚式費用を節約するために参加しているカップルもいます。

まとめ

今回紹介したもの以外にもバレンタインデーがその国独自に発展したものもあります。

同じ文化が違うものへと変化していくことは、その国の文化を強く影響したからだということがよくわかります。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。