郵貯とは何か

ゆうちょとは、株式会社ゆうちょ銀行のことであり、本社は東京都千代田区霞が関にある日本の銀行です。

郵便局の民営化により2007年10月に誕生し、郵便局の貯金を取り扱う部門が、株式会社ゆうちょ銀行として民間の銀行になりました。

ゆうちょ銀行と普通の銀行では、違うところ、貯金と預金について。

ただ、民営化されても普通の銀行と違うところがあります。

取扱っている金融商品の呼び名です。

銀行では預けるお金のことを「預金」と言っていますが、ゆうちょ銀行は「貯金」と言っています。

金融商品は、それぞれ普通銀行の同じようなものでも呼び名は貯金で統一されています。

これは、民営化以前から使っている貯金という呼び名をそのまま使っているためです。

ゆうちょ銀行と普通の銀行では、違うところ、預入限度額について。

もうひとつ、違うところは、銀行は、個人から集めるお金にも限度額は設けていません。

しかし、ゆうちょ銀行では、1人につき預入れ可能な金額(預入限度額)が定められています。

例えは、。

「通常貯金」、「定額貯金」、「定期貯金」等、合わせて1,300万円までが限度となっています。

ゆうちょ銀行の最大の強み、ネットワークに関して。

ゆうちょ銀行では個人の預け入れ限度額が定められているため、一見限度額が定められていない銀行より不利と思われるところもあるかもしれません。

しかし、ゆうちょ銀行には、全国に広がるネットワークと言う最大の強みがあります。

ゆうちょ銀行自体の店舗だけでなく、ゆうちょ銀行が委託する郵便局の貯金窓口でも取扱いをしているところも強みであり、全国総店舗数はゆうちょ銀行と郵便局を合わせて、普通の銀行を圧倒しています。

ゆうちょ銀行の強みであり魅力、ATMの利用に関して。

ATMの利用に関しても、ゆうちょ銀行は強みであり魅力を誇ります。

ほかの金融機関口座への振込を除いて、曜日・時間帯にかかわらず利用手数料はかかりません。

週末の土曜や日曜二里よしても無料です。

普通の銀行では18時以降では手数料がかかってくるところもありますが、ゆうちょ銀行では無料です。

ゆうちょ銀行の魅力、ATMの取扱店について。

さらに、ゆうちょ銀行ではATMの取扱いを提携している金融機関の数も多く、またコンビニエンスストアでも利用可能であり便利です。

とくに、コンビニエンスストアによっては手数料無料でゆうちょ銀行ATMが利用できるなど、ATMに関してはほかの銀行より優れていると言えるところもあります。

まとめ

ゆうちょ銀行と普通の銀行を比べてみれば、結局、日常的なお金の出し入れにはゆうちょ銀行の方がが便利なのではないでしょうか。

さらに利便性に関しても首都圏に住んでいる人については普通の銀行の利便性もゆうちょ銀行にも負けないですが、地方では断然にゆうちょ銀行が便利と言えるところです。




コトノハ編集部メールマガジン
日常生活を豊かにする無料メルマガ

コトノハ編集部が、あらゆるジャンルから日常生活を豊かにする情報を無料でお届けするメールマガジンにご登録ください。